【2021年賀状】元旦に届けるにはいつまでに出す?遅れたら?

年賀状元旦に出すには ポストを確認する女性

一年の始まりの挨拶である年賀状は、元旦に届けるのが理想です。
では、大切な年賀状を元旦に届けるには、いつまでに出せばいいのでしょう?
「ノハナ年賀状2021」の注文目安も含めてご案内します。

ノハナ年賀状2021のダウンロードはこちら

年賀状はいつまでに投函?

年賀状元旦に出すには  年賀状をポスト投函する手元

日本郵便によると、元旦に年賀状を配達するためには12月15日から12月25日の間に出す必要があるとのことです。
これよりも前でも後でもなく、この期間内に出せば全国どこの地域宛ての年賀状も元旦に届くということです。

ここで注意したいのが、12月25日ぎりぎりにポスト投函する場合についてです。

気をつけたい!12月25日のポスト投函

年賀状を出す方法は、ポストに投函する方法と直接郵便局の窓口に持ち込む方法の2種類あります。
気をつけたいのは25日ぎりぎりにポスト投函する場合。ポストの集荷が25日中に間に合わないと翌日26日の集荷となってしまい、元旦お届けに間に合わない場合があります。
ポスト投函する場合は、そのポストの最終集荷時間を確認するなどして余裕を持って投函しましょう。

【ノハナ年賀状】元旦に届けるには?注文の目安

「ノハナ年賀状」で年賀状を注文する場合、元旦お届けに間に合う目安を条件ごとにご案内します。
※配送事情によりお届けに時間を要する場合もありますので、ご注文はお早めにお願いいたします。

自宅受け取り

■写真ありタイプ・宛名面印刷あり(差出人のみも含む)

年賀元旦 自宅受取12/18注文

■写真ありタイプ・宛名面印刷なし

年賀元旦 12/19注文
※写真なし年賀状の場合、上記目安から1日程度早くお届けします。

直接投函

■写真ありタイプ

年賀元旦 12/22注文

※写真なし年賀状の場合、上記目安から1日程度早く出荷します。

直接投函・宛先が近隣の場合

日本郵便の発表によると、12月26日から28日の投函でも場合によっては可能な限り元旦に届くよう配慮してもらえるとのことです。

年賀元旦 12/24注文

特急オプション

特急オプションとは、「写真つき年賀状」を「自宅受け取り」にして17時までに注文すると、「宛名面の印刷なし」の場合は翌日に、「宛名面の印刷あり」の場合は翌々日に出荷する有料のオプションサービス(550円税込)です。
ノハナアカウントでログインすると、オプション料金が50%OFFの275円(税込)になります。

■自宅受け取り・宛名面印刷あり(差出人のみも含む)

年賀元旦 12/20注文

■自宅受け取り・宛名面印刷なし

年賀元旦 12/21注文

※「写真なし年賀状」、「写真なし寒中見舞い」、「写真なし挨拶状」、「喪中はがき」は特急オプションはご利用いただけません。

【ノハナ年賀状】元旦届けに間に合わなかった時

忙しい年末。「元旦届けに間に合わなかった…」「あの方に出し忘れた!」なんてこともありますよね。
そんな時もご安心を!ノハナ年賀状は年末年始も24時間受け付け中。
直接投函なら、手元に年賀はがきがなくても1枚から注文が可能です。

こちらは年末に注文した場合の出荷目安です。

年末の出荷スケジュール

年賀元旦届け 年末出荷スケジュール12/28

年賀元旦お届け 出荷スケジュール 12/29注文

年賀元旦お届け 出荷スケジュール 12/30

年賀元旦届け 出荷スケジュール 12/31注文

年始の出荷スケジュール

「年が明けてから年賀状を出したい」「思いがけない方から届いたのですぐに返事を出したい」、そんな場合も「ノハナ年賀状」の直接投函が便利です。

test

年賀元旦届け 年始出荷スケジュール 1/2注文

年賀元旦届け 出荷スケジュール 1/3注文

年明けに送る場合のマナー

年賀状元旦に届けるには 雪だるまとポスト 寒中見舞い

年が明けてから年賀状を出す場合は、一般的に「松の内」と言われる期間、つまり1月7日までに相手に届くように出しましょう。

松の内が過ぎたら年賀状ではなく「寒中見舞い」とするのがマナーです。
寒中見舞いは、寒中の時期(一般的には「小寒」から「立春」まで)に相手の健康を気遣って出す手紙やはがきのことです。
2021年の寒中期間は1月5日(小寒)から2月2日(立春の前日)になります。

ノハナ年賀状は「寒中見舞い」・「挨拶状」を含む400種類以上の豊富なデザインをご用意しています。
ノハナ年賀状デザイン紹介【ノハナ年賀状2021】400種類以上あるデザインをタイプ別にご紹介!