>>【ノハナ年賀状】1枚無料お試し印刷キャンペーン中!

子どもたちのグローバルな感覚を育む世界の絵本が毎月届きます

worldlibrary1

世界の絵本がお手頃価格で毎月届く、「ワールドライブラリーパーソナル」のご紹介です。

ワールドライブラリーパーソナルとは

ワールドライブラリーが到着して子供が喜んでいるところ

運営しているのは株式会社ワールドライブラリー。

海外の絵本の翻訳出版している出版社です。

「絵本を開くと、世界がひらく。」を合言葉に、絵本を通じて、様々な国と地域の、文化、色彩、考え方にふれて国際的な感覚を養う取り組みを行っています。

ワールドライブラリー社では、現在30カ国、100タイトルの絵本を保有。

そんな世界中の絵本から、選書のプロが1歳3ヶ月から7歳11ヶ月までのお子さんの年齢にあった絵本を日本語訳し、毎月お届けしてくれます。

お子さんも楽しめる参加型「しかけ絵本」も届く!

絵と文章だけの一般的なストーリー絵本だけではありません。

「つまむ、ひっぱる、とびだす」といった参加型のしかけ絵本や飛び出す絵本もお届けするのもワールドライブラリーパーソナルの特徴!

親子でどんなしかけがあるのかワクワクするのも楽しみですね。

ワールドライブラリーで届く絵本(イメージ)
ワールドライブラリーを実際に利用している人の声を集めたもの

ワールドライブラリーパーソナルの公式サイトへ遷移します

価格は月額1,300円(税込・送料込)とお手頃

ワールドライブラリーの絵本の料金設定(他社との比較)

さて、そんなワールドライブラリーパーソナルの価格は?というと、なんと月額1,100(税込)と送料200円の毎月合計1,300円

ワールドライブラリー社によると「すべての子育て世代が利用しやすい料金設定」とのこと。

届く本の定価は1,000円以上のもので、2,000円を超えるものもありますが、月額金額は1,100円(税込)なので、とてもお得ですね。

世界の絵本で文化と多様性が学べる

絵本の読み聞かせに反応する子どもたち

世界の絵本に触れることで、様々な国と地域の、文化、色彩、考え方にふれて国際的な感覚を養えるきっかけが作れます。

これからのグローバル時代を生きていく子どもたちにとって、文化や価値観の違いを当たり前に受けとめる感覚を養うことは、語学のスキルを磨くこと以上に大切なことではないでしょうか?

絵本選びに困ったり、海外の異文化に触れさせたいと考えている方に、ぜひワールドライブラリーパーソナルのご利用をおすすめします。

〈ワールドライブラリーパーソナル〉の特徴

  • 1歳3ヶ月から7歳11ヶ月まで月齢年齢に合わせた絵本が毎月1冊届
  • 世界中から厳選されたストーリー絵本&しかけ絵本
  • 料金は毎月定額1,300円(税込・送料込)でお得

ワールドライブラリーパーソナルの公式サイトへ遷移します

ご注意事項
入会後は3回目の課金まで継続していただきますが、それ以降は、任意で退会手続きができます。

絵本を読む乳児と幼児【現役ママに聞いた】赤ちゃんにおすすめの絵本15選&選び方まとめ